万一の大地震に備えた家の修繕ポイント

災害が起こる前に修繕しよう

住宅の外壁に注目しよう

地震が起こった時に、簡単に崩壊しないように修繕するポイントを知ってください。
外壁を見ることで、修繕のタイミングがわかります。
ひび割れが見られたら、修繕した方が良いと言われます。
地震が起きたことがきっかけでひび割れが大きくなり、建物の崩壊に繋がる可能性があります。
今は小さなひび割れでも、これから範囲が広がるかもしれません。
ひび割れに気づいたら、早めに業者に相談してください。
対策は、早いうちに済ませた方が良いです。

ドアや窓が、スムーズに開くか調べてください。
年数が経過すれば、何らかの原因で建物が歪むことがあります。
すると地震が起きた時に、崩壊しやすくなるので気をつけてください。
ドアを開けにくいと思ったら、念のために業者に相談した方が良いでしょう。
ドアや窓をすぐ開けることができないと、地震が起きた時に避難が遅れてしまいます。
大変危険なので、すぐ業者に修繕してもらわなければいけません。
避難できる準備を整えておきましょう。

また建物が歪むと、床も傾きます。
ボールを床に置いて、一定の方向に転がるようだったら歪んでいる証拠です。
早く業者に直してもらいましょう。
地震が起きたら床から崩壊したり、さらに住宅が傾いたりしてしまいます。
少し大がかりな修繕工事になるので、費用を多めに用意しておきましょう。
費用が高額になりますが、自分たちの命を守るために必ず必要な工事です。
後回しにしないで、すぐ依頼してください。

住宅を強化しておこう

さらに住宅を強化するために、どこを修繕すれば良いのでしょうか。 ポイントは外壁です。 外壁にひび割れが少しでも起こっていたら、修繕してください。 地震が起こったことによって、住宅を崩壊させてしまう可能性があります。 住宅を守れるよう、修繕を済ませましょう。

開けにくいドアや窓を直す

住宅をチェックする際は、ドアや窓を何度か開け閉めしてください。 スムーズに動作が進めば大丈夫ですが、なかなかドアを開けられなかったり、閉めるのに時間が掛かったりしたら修繕が必要かもしれません。 年数が経過して、住宅が歪んだことが原因で開け閉めしにくくなっている可能性があります。

ボールを転がしてみよう

建物全体が歪むと、床が傾く可能性があります。 すると衝撃を受けた時に、崩壊しやすくなるので地震が起こる前に修繕しなければいけません。 傾いているかは、見ただけでは判断できないことが多いです。 ボールを転がすと、どの方向に転がっているのかわかります。