災害が起こる前に修繕しよう

>

開けにくいドアや窓を直す

住宅が歪むことがある

新築の頃は、住宅はまっすぐ建設されています。
ですが年数が経過すると、次第に材木が歪んでいくケースが見られます。
するとドアや窓を開けるのに、かなりの力が必要になります。
修繕が必要な部分を探す際は、ドアや窓にも注目してください。
ドアは比較的毎日使うでしょうが、窓はあまり開けない場所もあります。

そのようなところも、しっかり確認しましょう。
普段の生活の中でも、ドアや窓を開け閉めしにくいと不便です。
仮に住宅が歪んでいた場合でも、見た目ではわかりにくいことが多いです。
きちんと、ドアや窓を開け閉めして、チェックしてください。
違和感を抱いたら、一応業者に相談しましょう。
すると修繕が必要なレベルか、判断してくれます。

避難するために修繕しよう

地震などの災害が起こった時は、安全な場所まで避難しなければいけません。
ですがドアや窓が開きにくいと、自宅から出られない危険性があります。
崩壊している建物の中に、ずっと滞っていると命を落とすかもしれません。
すぐに避難できるよう、いつでもドアや窓はスムーズに開かないと困ります。
ですから定期的に確認をして、開け閉めしにくかったら業者に相談しなければいけません。

すぐにドアや窓が開く状態であれば、災害が起こっても冷静に避難できます。
少しでも避難が遅れると、命に関わります。
自分だけでなく、そこで暮らす人全員の命を守るために、前もって修繕しておくことを意識してください。
問題点を解決して、安心して生活を送りましょう。


この記事をシェアする
B!